News

2017.03.30

個人投資家のトレード管理に特化した初のFinTechサービス『マイトレード』の提供開始

 知恵とテクノロジーを駆使してソリューションとタレントをサプライする株式会社テコテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:川下勝也、以下、当社)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下、ドコモ)から新規事業創出プログラム「39works」にて技術提供を受け、平成29年3月30日、個人投資家を支える自己管理サービス 『マイトレード』 の先行予約での提供を開始しましたことをお知らせいたします。

◆ 『マイトレード』 について

マイトレード

【サービス概要】
 『マイトレード』 は、取引の記録や振り返り、各種分析を、グラフや通知、メールを組み合わせて提供する個人投資家のトレード管理に特化した初のFinTechサービスです。
 開発検証中に個人投資家のインタビューを行った結果、資産を増やしているトレーダーの多くは自分自身の傾向を知り、記録や分析を行い、自分自身に合ったルールを確立していました。
 そのため『マイトレード』では、まずは自分自身の傾向を知るために「取引1件1件の理由や感情を残す」「計画を立てる」「振り返る」といった基本的な自己管理の機能と、自分ルールを蓄積するノート/日記などの機能を提供致します。
※利益を保証するものではありません。投資助言は行いません。

 今回、先行予約の受付とAndroidアプリ版の無料クローズドβテストへの招待を開始致しました。iOSアプリ版、PCブラウザ版も順次提供致します。
 今後、定期的にユーザーの皆様の声を聞き、個人投資家に寄り添ったサービスとして発展させて参ります。

【提供方法】
公式サイト: https://mytrade.jp/
基本無料、一部機能有料(予定)。
1. 公式サイトから先行予約のページへ進みご登録ください。
2. Android端末を選択された方から、順次招待を行います。
 (開発の状況により招待をお待たせすることや招待の順番が前後することがあります)
3. iOS端末を選択された方には、iOSアプリ版をリリースした際にお知らせ致します。

【対象商品、対象証券会社】
東京証券取引所上場商品(株式、ETF等)を対象としております。
対応証券会社は公式サイトをご参照ください。

【主な機能】
・ 複数の証券会社からの取引履歴の取得。一括管理。
・ 取引履歴への取引理由(感情)の記録の支援(PUSH、メール)。
・ チャート上での利益確定/損切りの設定や売却期限の入力および1日1回の超過通知。
・ 自分ルール(教訓等)を蓄積するノート機能や、書きたい時に記載する日記機能。
・ 自分がどの銘柄で利益を出したか/損失を出したかを把握するための銘柄リスト。
・ 保有商品の比率を表示するアセットアロケーション機能。
・ 勝率などを集計する基本的な分析機能。

【金融市場への取り組み】
 「貯蓄から投資へ」の社会的な流れに対して、ロボアドバイザーなどの「任せる投資」が多数登場していますが、反面「自分で投資」の方々への支援はまだ不十分な状況です。そのような中、『マイトレード』は、相場観を磨き自分の性格と向き合う「自分で投資」に取り組む方々向けのFinTechサービスです。1人でも多くの個人投資家の将来に向けた資産形成に、また、20〜40代といった比較的若い年齢層の方々が安心して投資を始められる環境作りに貢献したいと考えております。

◆ 「39works」とは
 39worksは、株式会社NTTドコモとパートナー企業がプロジェクト体制を組み、一体となって高速PDCAによる改善を繰り返し、マーケットに問いながら、ビジネスを育むプログラムです。
 マイトレードは、39worksにより生まれたサービスで、株式会社NTTドコモからの技術提供を受け、株式会社テコテックが提供しています。
https://www.39works.net/




一覧