News

2017.11.20

投資管理サービス『マイトレード』の正式版スマートフォンアプリを提供開始

 株式会社テコテック(以下、テコテック)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの新規事業創出 プログラム「39works(※1)」のもと、個人投資家の投資管理を支援するサービスの検討を進めてまいりました。この度、テコテックは業界初(※2)の投資管理FinTechサービス『マイトレード』(以下、本サービス)の正式版スマートフォンアプリ(※3)(基本無料、月額有料プラン)を2017年11月20日(月)より提供開始いたします。


 本サービスは個人投資家の投資管理(現状は東証福証札証上場株式・ETF等のみ)に特化したアカウントアグリゲーションサービスです。類似の家計簿アプリでは扱われていない「株価データ」および「証券会社サイトの取引履歴等の詳細な情報取得(※4)」により、業界初となる投資活動の視覚的な振り返りや分析を可能としています。特に、株価チャート上での取引履歴の表示や、銘柄ごとの損益集計が好評を得ています。さらに今回、ドローダウン(下落幅)分析や保有期間分析等の新機能が加わりました。ご利用者さまの意見をもとに、今後も積極的に管理・分析機能の追加、対応金融商品の拡充を行う予定です。


 マイトレード開発チームは、39worksの「小さく生んで大きく育てる」理念のもと、自らの戦略・判断で株式等を積極的に売買する「自分で投資」を好む個人投資家に向けてベータ版の「マイトレード」を提供し、フィードバックをいただきながら改善を図ってまいりました。その結果、3,500人を超える個人投資家(25人以上の億トレーダー、500人以上の数千万トレーダー含む)の方々に証券口座をご登録頂き、ウィークリーアクティブ率(WAU)が60%を超える、高い継続的な利用率を得るに至りました。また、利用者の年齢層は、40代以上が40%以上を占め、スマートフォンアプリを主軸としたサービスとしては異例の、ミドル・シニア層からの強い需要も確認できました。こうした実態と流入・定着状況に鑑み、潜在的な利用者層(一部の資産でも自己判断で投資を行う個人投資家)は非常に多いと考え、今回の正式版のリリースにより、3年間で100万人の個人投資家ユーザーの獲得をめざしていきます。また、本取り組みによって、「貯蓄 から投資へ」という社会的な課題、証券市場の活性化に貢献してまいります。


※1 39worksの詳細は別紙をご参照ください。
※2 株式会社テコテック調べ。
※3 先行無料ベータ版を2017年3月30日から提供しています。PCブラウザ版は引き続きベータ版での提供になります。
※4 対応証券会社は別紙をご参照ください。


マイトレード概要

1.サービス概要

機能紹介
サービス機能紹介

2.各種サイト

・公式サイト https://mytrade.jp/
・紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=LN7L4rv80Qo


3.プラン比較表

 日々の自動集計など、基本的な機能は無料のFreeプラン(期間・件数・機能制限あり)でご利用いただけます。サービス利用開始時はFreeプランで使い勝手をご確認いただき、『マイトレード』を気に入って頂いた方向けに有料のBasicプランをご用意しております。今後もさまざまな機能、プランを検討してまいります。
 詳しくは、下記プラン比較表をご参照ください。

プラン比較表

4. 先行無料ベータ版利用動向 (2017年11月14日現在)

・ ユーザー年齢層: 30代40代を中心に、ミドル・シニア層にご利用頂いています。

プラン比較表

5. 新規事業創出プログラム「39works」


39worksロゴ

株式会社NTTドコモとパートナー企業がプロジェクト体制を組み、一体となって高速PDCAによる改善を繰り返し、マーケットに問いながら新規ビジネスを育むプログラムです。
https://www.39works.net/


参考 各社概要

プラン比較表


マイトレード 参考情報(Appendix)

◆ 分析機能

取引履歴や損益額の推移など、過去〜現在の投資傾向を多⾯的に分析します。

appendix_分析機能

◆ 資産運用関連FinTechにおける位置づけ

『マイトレード』は、証券業や運用業ではなく、投資管理ツール(ITサービス)です。個人投資家の代わりに資産運用を行ったり、株式や投信の売買や仲介を行うサービスではありません。投資助言や、「自分で投資」を積極的に薦めるものではありません。多くの個人投資家は「自分で投資」と「任せる投資」を組み合わせて資産運用を行うものだと考えております。資産の⼀部でも自己判断でトレードされる方は、ぜひ『マイトレード』をご活用ください。

appendix_資産運用関連FinTechにおける位置づけ

◆ 取引における『マイトレード』の役割

『マイトレード』は金融商品の売買やニュースの購読ではなく、Entry後の保有期間の利益確定/損切等の管理や、Exit後の振り返り・各種分析にフォーカスした自己管理サービスです。好調の時はもちろん、不調の時にも、自分自身の傾向を振り返ることが必要だと考えております。

appendix_分析機能

◆ 家計簿アプリとの比較

『マイトレード』は同じアカウントアグリゲーションサービスである家計簿アプリとは、対象ユーザーや目的、取扱情報が異なります。個人投資家に特化した機能を提供しています。

appendix_分析機能

◆ 国内株式の個人投資家の規模

 東証、名証、福証、札証から個人株主数(述べ人数)は約5,000万⼈という調査結果(※1)が出ています。
⼀般的に1人あたりの平均保有銘柄数は3~5銘柄(※2)と言われているため、国内株式の個人投資家は実質1,300万人程度だと考えております。今回のリリースから3年の間に、そのうちの約100万人の方にご活用いただくことを目指しています。
※1 2016年度株式分布状況調査の調査結果について(2017年6月20日)
 http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/examination/01.html
※2『マイトレード』先行無料ベータ利用者については、積極的な取引傾向にあるため、平均保有銘柄数は約2倍の数となっています。


◆ セキュリティへの取り組み

 安心してご利用頂くために、サーバー環境とオフィス環境それぞれに閉じられた高セキュリティエリアを構築し、利用者の皆様の大切な個人情報を徹底管理しています。監視カメラや電子ロックなど、マイトレード専用の環境を用意し運用しております。


◆ 先行無料ベータ利用者の統計データ

・証券口座登録利用者:3,500人以上


【ユーザー年齢層】

appendix_分析機能

個人投資家のメイン層であるミドル・シニア層の割合(40代以上)が40%以上を占め、ウィークリーアクティブ率(1週間以内のログイン/証券口座登録ユーザー)も高い傾向にあります。尚、平均資産額は年代が上がるほど大きい傾向にあります。


【信用取引の有無】

appendix_分析機能

信用取引利用者が約38%と⼀般的な調査値(5~25%。別ページの株式会社マーシュ調査では21%)と比べて高く、熱心なトレーダーにご利用頂いていると考えられます。尚、運用資産1,000万円以上の個人投資家に限ると、過半数が信用取引を利用しています。『マイトレード』は信用取引にも対応しています。


◆ 「自分で投資」を実践するユーザーについての統計データ

下記内容にてインターネットアンケートを実施しました。
・実施会社:株式会社マーシュ
・計測期間:2017年8月23日(水)~2017年8月24日(木)
・事前調査対象:2,239人/本調査対象:380人

appendix_分析機能

・1年以内に投資(金融商品の新規購入、追加購入、売却のいずれか)を行った⼈は全体の約30%。
・そのうち、国内株式投資を行った方は71%と大部分を占める。
・さらに本調査として「投資への意識」を質問したところ有効回答380人のうち約75%の方が
 資産の過半数を「自分で投資」で運用していると回答した。

以上のことから、投資では国内株式投資が最も活用され、さらにはその大多数が自己判断での「自分で投資」の意識を持つことから、投資管理サービス『マイトレード』の潜在ユーザーは多いと考えられる。

※自分で投資:自分の判断で売買銘柄やタイミングを決めて行う投資。主に株式・FXなど。
※任せる投資:運⽤を金融機関に任せる投資。投資信託など。

appendix_分析機能


◆ 本件に関するお問い合わせ
株式会社テコテック
投資教育システムセクション 古谷・関
TEL : 03-6447-0860
MAIL : mytradeatmarktecotec.co.jp
http://www.tecotec.co.jp/contact/

プレスリリース(PDF)をダウンロード
プレスリリース-詳細情報(PDF)をダウンロード

※メディア掲載などに画像をご利用頂く場合、サイト内の画像をご利用ください。



一覧